アクセスカウンター NSPC Tweet 

今日の日記 民族・集団 千島アイヌ(クリルアイヌ) 歴史の背景など
GoTo北海道 
行ったつもりの名所探訪
(画像・テキストから詳細ページ表示されます)


1函館・湯の川温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10


2クチコミ高評価!北海道の人気高級温泉旅館ランキング


3北海道のスキー&スノーボード旅行!人気宿ランキング


4専門家厳選!展望風呂・露天風呂付き客室がある北海道の温泉宿5選


5北海道のおすすめ紅葉名所15選!2020年見頃や穴場、ライトアップ情報も


6現地スタッフ厳選!登別のおすすめ観光スポットBEST15


7地元民から人気!北海道の温泉宿ランキング


8北海道の絶景宿15選。豊かな大自然を感じる非日常ステイ

9
夏の北海道ツアー旅行 人気ホテルランキング TOP10

10
現地スタッフ厳選!釧路市のおすすめ観光スポットBEST11

11
【2020年】登別温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10

12
北海道の世界遺産!知床の人気観光スポット14選

13
【2020】クチコミ高評価!北海道のリゾートホテル人気ランキング


14
【2020年最新】定山渓温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10


15
函館山ロープウェイで楽しむ!きらめく函館の極上夜景


16
大人気の夜景と朝食バイキング!ラビスタ函館ベイでホテルステイを満喫


17
帯広駅周辺であの北海道グルメをめぐる!六花亭に十勝チーズ、お買い得品や試食も


18
北海道の人気温泉地ランキングTOP15


19
札幌で早朝から新鮮グルメが食べられる!二条市場へ行こう


20
ノスタルジックな世界へ!小樽のレトロなデート旅おすすめコース

21
白い恋人パークで遊びつくす!子どもも喜ぶ工場見学&手作り体験


22
現地スタッフ厳選!札幌のおすすめ観光スポットBEST26


23
函館朝市はこうめぐる!食べ歩きに釣り体験、子連れで楽しもう


24
現地スタッフ厳選!小樽のおすすめ観光スポットBEST24


25
札幌旅行をロマンティックに!日本新三大夜景・藻岩山の極上ディナー


26
家族で楽しめる!人気絶景スポット・札幌の藻岩山に行ってみよう


27初心者でも満喫!札幌YOSAKOIソーラン祭りの歩き方

28
北海道の夏に行きたい!アクティビティ、動物園、絶景&ドライブコース


29
SLに水族館も!新千歳から30分圏内の北海道おすすめ道の駅


30
美瑛・富良野ゴールデンドライブルート!人気観光地をめぐる


31
【2020】新千歳空港のおいしいお土産17選!道民が本気でおすすめ


32
現地スタッフ厳選!美瑛のおすすめ観光スポットBEST20


33
富良野観光の魅力24選!ラベンダー畑やレジャー・グルメ情報も!


34
北海道「青の絶景」を体感しよう!夏休み旅行にもおすすめ


35
【北海道】芝桜の名所11選! 見頃やイベント情報をご紹介


36
帯広・十勝 おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST22~


37
北海道・旭川のおすすめ絶品グルメ!現地ライター推薦10選


38
旭山動物園を攻略!効率よく回るおすすめ見学ルート


39
一度は行くべき!北海道のおすすめ絶景スポット27選


40
北海道・旭川の穴場観光スポットめぐり!友人のようなガイドがご案内


41
初めての旭川女子旅は「星野リゾート OMO7 旭川」で盛り上げよう


42
旭川おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST20~


43
おしゃれでキレイ!札幌の人気ゲストハウスTOP10


44
札幌の人気ビジネスホテルランキングTOP10


45
北海道「道の駅」1泊2日でめぐるグルメ旅 函館~ニセコ・室蘭ルート


46
北海道「道の駅」1泊2日でめぐるグルメ旅 新千歳~知床ルート


47
ウニ!カニ!イクラ!北海道の味覚が食べ放題!本格派ディナーバイキングの宿10選


48
飯島寛騎さんインタビュー “ぼくの夏旅と故郷・北海道の魅力”


49
北海道の観光名所67選!旅行におすすめ人気スポット


50
札幌の人気カプセルホテルランキングTOP5


51
"柴犬まる"の北海道の旅~星野リゾートで雲海チャレンジ!


52
函館おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST24~


53
北海道のおすすめ!日帰り温泉宿人気ランキングTOP10


54
北海道に旅した人が選ぶご当地グルメ・旅めしランキング




地域集団
千島アイヌ(クリルアイヌ)


千島アイヌ(クリルアイヌ)
Chishima Ainu people (from a book published in 1901).png
千島アイヌの男性・女性
言語
千島アイヌ語ロシア語日本語
宗教
自然崇拝ロシア正教会
関連する民族
北海道アイヌ樺太アイヌイテリメン

千島アイヌ(ちしまアイヌ、アイヌ語: Ruru-tom-un-kuru英語: Kuril Ainu)とは、かつて千島列島北部の新知郡占守郡カムチャツカ半島南端に居住していたアイヌ民族の一派である。北海道アイヌ樺太アイヌとは異なる文化・伝統を有することで知られていたが、両国間で締結された千島・樺太交換条約締結後の移住によって人口が激減し、現在では千島アイヌの文化は断絶してしまっている。

欧米ではクリルアイヌ、あるいは単にクリル人とも呼称される。

定義

千島列島(英名)

「千島アイヌ」あるいは「クリルアイヌ」の名前で知られているものの、厳密に言うと北方領土エトロフ島クナシリ島等)のアイヌは北海道本島のアイヌと同系統とされ、通常「千島アイヌ」は、シムシル島からカムチャツカ半島南端にルーツを持つアイヌを指していることが多い。

ウルップ–シムシル島間の北得撫水道を境にしてアイヌ民族の文化伝統が異なる事は古くから知られており、近藤重蔵は『辺要分界図考』(1804年)で以下のように述べている。

東海ウルップ島より前路、シモシリ島(新知島)よりカムサスカ(カムチャツカ)地方に至る迄凡十余島、世の所謂千島にして蝦夷人之を称してチュプカと云。チュプカとは日出処の義也。蛮書に之をクリル諸島と云。その島大なる者十六、小なる者無数……。— 近藤重蔵『辺要分界図考』巻四

同様に、蝦夷通辞の上原熊次郎は以下のような記述を残している。

扠又、当所(静内)よりポロイヅミ(襟裳)辺までの蝦夷をまとめてメナシウンクルといふ。則、東のものといふ事。……ビロウ(広尾)より子モロ(根室)領辺迄の蝦夷をシメナシュンクルといふ。則、奥東のものといふ事。エトロフより奥の嶋のものをチウブカンクルといふ。則、日の方のものといふ事……。— 上原熊次郎『蝦夷地名考并里程記』[1]

以上の記述をあわせると、北海道アイヌの間ではエトロフ島・シコタン島といった北方四島のアイヌは道東一帯のアイヌと同じグループに分類されており、それ以北のグループがチュプカウンクル(アイヌ語:cupka-un-kur)と呼ばれていたという。ここで言う「チュプカ」とは、「日・の上(=太陽の上がる方向、東)」を意味するアイヌ語cup-kaのことである[2]

また、1899年鳥居龍蔵の調査によると、千島アイヌは自身のことを「ルートンモングル(ruton-mon-guru,「西に住まえる人」の意)」、北海道アイヌのことを「ヤムグル(yamu-guru,「南方の人」の意)」、カムチャダールのことを「チュプカウングル(cupka-an-guru,「東方の人」の意)」と呼称しており、ここでも「ルートン(ruton)」はウルップ島〜シュムシュ島の千島北部のみを指すものとされている[3]。これらの呼称はより正確には「ルルトムンクル(アイヌ語: ruru-tom-un-kuru,「海中の人」の意)」あるいは「ルットムンクル(アイヌ語: ruttom-un-kuru,「島嶼の住人」の意)」、「ヤウンクル(アイヌ語: ya-un-kuru,「本土の人」の意)」を聞き取ったものと見られている[4]

なお、カムチャツカ半島南部(ロパートカ岬一帯)にはアイヌ語地名がいくつか残っており、カムチャツカ半島南部も千島アイヌの居住圏であったと見られている[5]

歴史

千島アイヌの若者たち(1899年)

千島アイヌの成立は北海道アイヌ・樺太アイヌと比較して遅く、15世紀以後のことと考えられている。これはアイヌ民族以前に千島列島に居住していたオホーツク文化人を漸次同化・征服していったためである。

千島アイヌの産出するラッコ皮は他の地域では得られない稀少品であり、古くから交易によって和人社会にもたらされていた。

一方、千島アイヌは道東アイヌの漁場であったウルップ島で沈黙交易をおこない、直接和人と交易を行わなかったこともあって、江戸時代末期に至るまで千島アイヌに関して和人社会ではほとんど知られていなかった。16-17世紀頃の日本では千島方面を漠然と「クルミセ」あるいは「ラッコ島」と呼ぶのみで、千島に関する知識は主に北海道アイヌを介した伝聞に拠っていた。

17世紀末、カムチャッカ半島にまで進出していたロシア人は、18世紀初頭より千島列島に足を踏み入れるようになった。1711年アンツィフェーロフ率いるコサックは始めて千島列島に進出し、これ以後千島アイヌはロシア人より毛皮税(ヤサーク)を取り立てられるようになった。

19世紀に入ると、蝦夷地箱館奉行の管轄する幕府直轄領とした日本と南下政策をすすめるロシアの間で、千島方面における国境画定が問題化してきた。両国の国境確定は明治維新を経た後、1875年の千島・樺太交換条約によって一応の決着を見た。この結果、千島アイヌは3年以内に日露どちらかの国籍を選択することを迫られた。

当時国力の乏しかった日本政府は、長大な千島列島の末端への生活物資の補給が大変困難であり、また千島アイヌもロシア化されており国防上の懸念もあることから、根室県の役人が占守島の全住民を説得し色丹島に移住させた(『千島巡航日記』)[6]。しかし、生活環境の変化は大きく慣れない生活と風土のため、千島アイヌの人口は激減してしまった。更に、第二次世界大戦ソ連が千島列島や北方領土を占領すると、ソ連によって追放された千島アイヌ及びその血縁者は日本各地に移住したため、千島アイヌ文化の伝統は途絶えてしまった。一方、ロシアへの移住を余儀なくされたアイヌについてはロシアにおけるアイヌの項も参照。

1962年村崎恭子が北海道にいた千島アイヌの生き残り及び和人とのハーフ4人から聞き取り調査を行ったが、完全に同化していたうえ、うち二人(夫婦)はもともと使っていなかったこともあり千島アイヌ語は話せない状態だった。他の最年長の女性二人は本土に渡った後、夫に虐待されるなど辛い生活を送ったためか村崎と話さえしようとしなかった。このため、翌年に村崎は千島アイヌ語の話者が絶えたことを報告した[7]

現在、千島アイヌとしての文化的アイデンティティを保持する者は既に存在しないと考えられている[8]

文化

住居

千島アイヌの竪穴住居

千島アイヌ文化が北海道アイヌ文化と異なる点としてよく挙げられるのが、竪穴住居での生活である。竪穴住居を作る際には、まず長方形の穴を掘った後に柱を立て、板で囲い、急勾配の屋根をつくる。その後、煙出し用の穴を残して干し草・土・泥炭などで蔽い、窓や入り口を整えて完成させた。窓ガラス代わりに海獣の膀胱を広げたものを窓に貼っていたため、室内はとても暗かったという。

ロシア人の進出後、千島アイヌの住居で最も大きく変わったのは風呂を作るようになったことであった。この風呂はロシアの蒸し風呂(バーニャ)をまねたもので、熱した石に水をかけることで蒸気を出す、というものであった[9]

衣服

作業中の千島アイヌ

近藤重蔵の記録によると、千島アイヌには羽毛(アイヌ語: rap-ur)、犬の皮(アイヌ語: seta-ur)、草を編んだもの(アイヌ語: kera)などを材料とした衣服が存在したという。また、ウシシルのアイヌは雁の羽にアザラシの皮で縁取った筒袖仕立ての衣服を着ていたという。keraはキナという草を用いて作るが、北海道アイヌの作るアットゥシ(attus)のような樹皮由来の繊維で織られた衣服は、材料となるオヒョウダモが北千島で育たないため、作られない[10]。靴としては耐水性の高いトドあるいはアザラシの皮を用いて作った長靴を使っており、冬期には柳で作ったをつけていたという。

以上のような千島アイヌの衣服は18世紀以後かなりロシア化し、ロシア製のシャツや帽子、用いるようになったという[11]

生活用具

北海道アイヌ・樺太アイヌには見られない千島アイヌ独自の特徴として、遅くとも19世紀前半まで土器作りの文化を保持していたことが挙げられる。しかし、このような文化はロシア人の進出とともに少しずつ廃れてゆき、ロシア製の用具を用いるようになっていった。

千島アイヌを代表する物質文化として、「テンキ」と呼ばれるバスケットが存在する。これはテンキ草(ハマニンニク)を材料に巻き上げ技法(コイリング技法)を用いて作成したもので、アメリカ北西海岸のネイティブアメリカンとも共通する文化である。また、北海道アイヌには人形や仮面を作る文化がない一方、千島アイヌは木製仮面を有していたことが知られているが、これもまたアラスカ・アリューシャン・カムチャッカの北方民族の影響を受けた文化であると考えられている[12]

沈黙交易

千島アイヌはウルップ島までおもむき、道東アイヌ沈黙交易をおこなった。当時のウルップ島は道東アイヌの漁場となっていた。沈黙交易の項も参照されたい。

言語

千島アイヌ語についての資料は断片的なものしか残されておらず、その実態には未だ謎が多い。

しかし、クラシェニンニコフは「クナシリ[島]住民の言語は第2島ポロムシル島(幌筵島)で話される言語とほとんど何らの相違もない」というクリル人(アイヌ)の発言を記録しており、国後島を含むをアイヌ語南千島方言と類似した言語であった可能性がある[13]


博物館などアイヌ民族関連施
(このサイト)
 

民族 集団 

言語 アイヌ語 

歴史 前史 

歴史 交易  

歴史 戦闘 

歴史 政事  

文化・芸術 

文化・生活 

文化・祭事  

その他・動画

旧石器時代 – 紀元前14000年頃
縄文時代 前14000年頃 – 前10世紀
弥生時代 前10世紀 – 後3世紀中頃
古墳時代 3世紀中頃 – 7世紀頃
飛鳥時代 0592年 – 0710年
奈良時代 0710年 – 0794年
平安時代 0794年 – 1185年
 王朝国家 10世紀初頭 – 12世紀後期
 平氏政権 1167年 – 1185年
鎌倉時代 1185年 – 1333年
建武の新政 1333年 – 1336年
室町時代 1336年 – 1573年
 南北朝時代 1337年 – 1392年
 戦国時代 1467年(1493年)– 1590年
安土桃山時代 1573年 – 1603年
江戸時代 1603年 – 1868年
 鎖国 1639年 – 1854年
 幕末 1853年 – 1868年
明治時代 1868年 – 1912年
大正時代 1912年 – 1926年
昭和時代 1926年 – 1989年
 GHQ/SCAP占領下 1945年 – 1952年
平成時代 1989年 – 2019年
令和時代 2019年 –

NS-PC概要
 
〒006-0815
 北海道札幌市手稲区前田5-12-4-11

 業務内容 紹介によるネット販売、
 運営責任者 島岡幸雄
 連絡連絡先 ganta@bmail.plala.or..jp