アクセスカウンター NSPC Tweet 

今日の日記 日本列島の形成 旧石器から縄文へ 歴史の背景など
GoTo北海道 
行ったつもりの名所探訪
(画像・テキストから詳細ページ表示されます)


1函館・湯の川温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10


2クチコミ高評価!北海道の人気高級温泉旅館ランキング


3北海道のスキー&スノーボード旅行!人気宿ランキング


4専門家厳選!展望風呂・露天風呂付き客室がある北海道の温泉宿5選


5北海道のおすすめ紅葉名所15選!2020年見頃や穴場、ライトアップ情報も


6現地スタッフ厳選!登別のおすすめ観光スポットBEST15


7地元民から人気!北海道の温泉宿ランキング


8北海道の絶景宿15選。豊かな大自然を感じる非日常ステイ

9
夏の北海道ツアー旅行 人気ホテルランキング TOP10

10
現地スタッフ厳選!釧路市のおすすめ観光スポットBEST11

11
【2020年】登別温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10

12
北海道の世界遺産!知床の人気観光スポット14選

13
【2020】クチコミ高評価!北海道のリゾートホテル人気ランキング


14
【2020年最新】定山渓温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10


15
函館山ロープウェイで楽しむ!きらめく函館の極上夜景


16
大人気の夜景と朝食バイキング!ラビスタ函館ベイでホテルステイを満喫


17
帯広駅周辺であの北海道グルメをめぐる!六花亭に十勝チーズ、お買い得品や試食も


18
北海道の人気温泉地ランキングTOP15


19
札幌で早朝から新鮮グルメが食べられる!二条市場へ行こう


20
ノスタルジックな世界へ!小樽のレトロなデート旅おすすめコース

21
白い恋人パークで遊びつくす!子どもも喜ぶ工場見学&手作り体験


22
現地スタッフ厳選!札幌のおすすめ観光スポットBEST26


23
函館朝市はこうめぐる!食べ歩きに釣り体験、子連れで楽しもう


24
現地スタッフ厳選!小樽のおすすめ観光スポットBEST24


25
札幌旅行をロマンティックに!日本新三大夜景・藻岩山の極上ディナー


26
家族で楽しめる!人気絶景スポット・札幌の藻岩山に行ってみよう


27初心者でも満喫!札幌YOSAKOIソーラン祭りの歩き方

28
北海道の夏に行きたい!アクティビティ、動物園、絶景&ドライブコース


29
SLに水族館も!新千歳から30分圏内の北海道おすすめ道の駅


30
美瑛・富良野ゴールデンドライブルート!人気観光地をめぐる


31
【2020】新千歳空港のおいしいお土産17選!道民が本気でおすすめ


32
現地スタッフ厳選!美瑛のおすすめ観光スポットBEST20


33
富良野観光の魅力24選!ラベンダー畑やレジャー・グルメ情報も!


34
北海道「青の絶景」を体感しよう!夏休み旅行にもおすすめ


35
【北海道】芝桜の名所11選! 見頃やイベント情報をご紹介


36
帯広・十勝 おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST22~


37
北海道・旭川のおすすめ絶品グルメ!現地ライター推薦10選


38
旭山動物園を攻略!効率よく回るおすすめ見学ルート


39
一度は行くべき!北海道のおすすめ絶景スポット27選


40
北海道・旭川の穴場観光スポットめぐり!友人のようなガイドがご案内


41
初めての旭川女子旅は「星野リゾート OMO7 旭川」で盛り上げよう


42
旭川おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST20~


43
おしゃれでキレイ!札幌の人気ゲストハウスTOP10


44
札幌の人気ビジネスホテルランキングTOP10


45
北海道「道の駅」1泊2日でめぐるグルメ旅 函館~ニセコ・室蘭ルート


46
北海道「道の駅」1泊2日でめぐるグルメ旅 新千歳~知床ルート


47
ウニ!カニ!イクラ!北海道の味覚が食べ放題!本格派ディナーバイキングの宿10選


48
飯島寛騎さんインタビュー “ぼくの夏旅と故郷・北海道の魅力”


49
北海道の観光名所67選!旅行におすすめ人気スポット


50
札幌の人気カプセルホテルランキングTOP5


51
"柴犬まる"の北海道の旅~星野リゾートで雲海チャレンジ!


52
函館おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST24~


53
北海道のおすすめ!日帰り温泉宿人気ランキングTOP10


54
北海道に旅した人が選ぶご当地グルメ・旅めしランキング



日本列島の形成

日本に不完全ながらも弧状列島の形が出来上がりつつあったのは、今からおよそ1500万年前で、現在のテクトニクスは約300万年前にほぼ出来上がった。更新世の氷期と間氷期が交互に繰り返す氷河時代には地形の変化が起こった。

しかしながら、従来の学説では氷期日本列島大陸と陸続きになり日本人の祖先は獲物を追って日本列島にやってきた[2]とされてきたが、近年の研究では氷期の最寒期でも津軽海峡対馬海峡には海が残り陸続きにならなかったことが分かってきた。また舟を使わないと往来できない伊豆諸島神津島産の黒曜石関東地方後期旧石器時代の遺跡で発見されていることなどから、「日本人の祖先は舟に乗って日本列島にやってきた」という研究者の発言[3]も新聞で報道されている。しかし、この時期には船の遺物は発見されていないため少数の意見である。

一方、約4万年前の後期旧石器時代早期より黒曜石の採掘が続けられた栃木県高原山黒曜石原産地遺跡群では知的で効率的な作業の痕跡も確認されている。

また、4万年〜3万年前には世界最古の磨製石器が製作されており、すでに日本では独自の文化が形成されていたことがうかがえる。

旧石器から縄文へ

最終氷期の約2万年前の最盛期が過ぎると地球規模で温暖化に向かった。最後の氷期である晩氷期と呼ばれる約1万3000年前から1万年前の気候は、数百年で寒冷期と温暖期が入れ替わるほどで、急激な厳しい環境変化が短期間のうちに起こった。

それまでは、針葉樹林が列島を覆っていたが、西南日本から太平洋沿岸伝いに落葉広葉樹林が増加し拡がっていき、北海道を除いて列島の多くが落葉広葉樹林と照葉樹林で覆われた。コナラ亜属やブナ属、クリ属など堅果類が繁茂するようになった。北海道はツンドラが内陸中央部の山地まで後退し、亜寒帯針葉樹林が進出してきた。そして、日本海側と南部の渡島半島では、針葉樹と広葉樹の混合林が共存するようになる。また、温暖化による植生の変化は、マンモストナカイ、あるいはナウマンゾウオオツノジカなどの大型哺乳動物の生息環境を悪化させ、約1万年前までには、日本列島からこれらの大型哺乳動物がほぼ絶滅してしまった。

この草創期の特徴は以下のように指摘されている。

  • 新しい道具が短期間に数多く出現した
    • 例えば、石器群では、大型の磨製石斧、石槍、植刃、断面が三角形の錐、半月系の石器、有形尖頭器、矢柄研磨器、石鏃などが、この期に出現する。
  • 使われなくなっていく石器群、新しく出現する石器群が目まぐるしく入れ替わった。
  • 草創期前半の時期は、遺跡によって石器群の組み合わせが違う。
  • 急激な気候の変化による植生や動物相、海岸線の移動などの環境の変化に対応した道具が次々に考案されていった。
  • 狩猟・植物採取・植物栽培・漁労の3つの新たな生業体系をもとに生産力を飛躍的に発展させた。

縄文時代早期

日本列島の旧石器時代の人々は、大型哺乳動物(ヘラジカヤギュウオーロックス、ナウマンゾウ、オオツノシカなど。)や中・小型哺乳動物(ニホンジカイノシシ、アナグマ、ノウサギなど。)を狩猟対象としていた。大型の哺乳動物は季節によって広範囲に移動を繰り返すので、それを追って旧石器時代人もキャンプ生活を営みながら、頻繁に移動を繰り返していた。キル・サイト[* 2]やブロック[* 3]、礫群[* 4]、炭の粒の集中するところなどは日本列島内で数千ヶ所も発見されているが、竪穴住居などの施設を伴う遺跡はほとんど発見されていない。

旧石器時代の人々は、更新世の末まで、キャンプ生活・遊動生活を営みながら頻繁に移動生活を繰り返してきた。旧石器時代から縄文時代への移行期である草創期には一時的に特定の場所で生活する半定住生活を送るようになっていた。縄文早期になると定住生活が出現する。鹿児島市にある加栗山遺跡(縄文時代早期初頭)では、16棟の竪穴住居跡、33基の煙道つき炉穴、17基の集石などが検出されている。この遺跡は草創期の掃除山遺跡や前田遺跡の場合と違って、竪穴住居跡の数の大幅な増加、住居の拡張、重複した住居跡、これらの住居跡やその他の遺構が中央広場を囲むように配置されている。

加栗山遺跡とほぼ同時期の鹿児島県霧島市にある上野原遺跡では46棟の竪穴住居をはじめ多数の遺構が検出されている。このうち13棟は、桜島起源の火山灰P-13に覆われていることから、同じ時に存在したものと推定できる。この13棟は半環状に配置されていることから、早期初頭には、既に相当な規模の定住集落を形成していたと推定される[誰によって?]

縄文早期前半には、関東地方[* 5]に竪穴住居がもっとも顕著に普及する。現在まで、竪穴住居が検出された遺跡は65ヶ所、その数は300棟を超えている。そのうちで最も規模の大きな東京都府中市武蔵台遺跡では24棟の竪穴住居と多数の土坑が半環状に配置されて検出されている。

南関東や南九州の早期前半の遺跡では、植物質食料調理器具である石皿、磨石、敲石、加熱処理具の土器も大型化、出土個体数も増加する。定住生活には、植物質食料、特に堅果類が食料の中心になっていたと想像されている。南関東の定住集落の形成には、植物採集活動だけでなく、漁労活動も重要な役割を果たしていたと考えられている[誰によって?]

一方、北に目を転じれば、北海道函館市中野B遺跡からは縄文早期中頃の500棟以上の竪穴住居跡、多数の竪穴住居跡、土壙墓、落とし穴、多数の土器、石皿、磨石、敲石、石錘[* 6]が出土して、その数は40万点にも上っている。津軽海峡に面した台地上に立地するこの遺跡では、漁労活動が盛んに行われ、長期にわたる定住生活を営むことが出来たと考えられる。また、東海地方の早期の定住集落、静岡県富士宮市若宮遺跡は28棟の竪穴住居をはじめとする多数の遺構群とともに、土器と石器が18,000点ほど出土している。この遺跡が他の早期の遺跡と大いに違う点は、狩猟で使用する石鏃2,168点も出土したことである。富士山麓にあるこの遺跡では、小谷が多く形成され、舌状台地が連続する地形こそ、哺乳動物の生息に適した場であった。つまり、若宮遺跡では、環境に恵まれ、獲物にも恵まれて定住生活を営む上での条件が揃っていたと推定される[誰によって?]

移動生活から定住的な生活への変化は、もう一つの大きな変化をもたらした。その変化はプラント・オパール分析[* 7]の結果から判明した。一時的に居住する半定住的な生活の仕方では、周辺地域の開拓までに至らなかったが、定住的な生活をするようになった縄文時代人は居住する周辺の照葉樹林や落葉樹林を切り開いたことにより、そこにクリクルミなどの二次林(二次植生)の環境を提供することとなった。定住化によって、縄文人は、集落の周辺に林床植物と呼ばれる、いわゆる下草にも影響を与えた。ワラビゼンマイフキクズヤマイモノビルなどの縄文人の主要で安定した食料資源となった有用植物が繁茂しやすい二次林的な環境、つまり雑木林という新しい環境を創造したことになる。縄文時代の建築材や燃料材はクリが大半であることは遺跡出土の遺物から分かっている[10][12]。2013年、福井県鳥浜貝塚から世界最古級(約11000〜15000年前)の調理土器が発見された。これにより、サケなどの魚を調理していた可能性が判明した[リンク切れ][13]


博物館などアイヌ民族関連施
(このサイト)

民族 集団 

言語 アイヌ語 

歴史 前史 

歴史 交易  

歴史 戦闘 

歴史 政事  

文化・芸術 

文化・生活 

文化・祭事  

その他・動画

旧石器時代 – 紀元前14000年頃
縄文時代 前14000年頃 – 前10世紀
弥生時代 前10世紀 – 後3世紀中頃
古墳時代 3世紀中頃 – 7世紀頃
飛鳥時代 0592年 – 0710年
奈良時代 0710年 – 0794年
平安時代 0794年 – 1185年
 王朝国家 10世紀初頭 – 12世紀後期
 平氏政権 1167年 – 1185年
鎌倉時代 1185年 – 1333年
建武の新政 1333年 – 1336年
室町時代 1336年 – 1573年
 南北朝時代 1337年 – 1392年
 戦国時代 1467年(1493年)– 1590年
安土桃山時代 1573年 – 1603年
江戸時代 1603年 – 1868年
 鎖国 1639年 – 1854年
 幕末 1853年 – 1868年
明治時代 1868年 – 1912年
大正時代 1912年 – 1926年
昭和時代 1926年 – 1989年
 GHQ/SCAP占領下 1945年 – 1952年
平成時代 1989年 – 2019年
令和時代 2019年 –

NS-PC概要
 
〒006-0815
 北海道札幌市手稲区前田5-12-4-11

 業務内容 紹介によるネット販売、
 運営責任者 島岡幸雄
 連絡連絡先 ganta@bmail.plala.or..jp