アクセスカウンター NSPC Tweet 

今日の日記 歴史・交易 ウイマム  歴史の背景など
GoTo北海道 
行ったつもりの名所探訪
(画像・テキストから詳細ページ表示されます)


1函館・湯の川温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10


2クチコミ高評価!北海道の人気高級温泉旅館ランキング


3北海道のスキー&スノーボード旅行!人気宿ランキング


4専門家厳選!展望風呂・露天風呂付き客室がある北海道の温泉宿5選


5北海道のおすすめ紅葉名所15選!2020年見頃や穴場、ライトアップ情報も


6現地スタッフ厳選!登別のおすすめ観光スポットBEST15


7地元民から人気!北海道の温泉宿ランキング


8北海道の絶景宿15選。豊かな大自然を感じる非日常ステイ

9
夏の北海道ツアー旅行 人気ホテルランキング TOP10

10
現地スタッフ厳選!釧路市のおすすめ観光スポットBEST11

11
【2020年】登別温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10

12
北海道の世界遺産!知床の人気観光スポット14選

13
【2020】クチコミ高評価!北海道のリゾートホテル人気ランキング


14
【2020年最新】定山渓温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10


15
函館山ロープウェイで楽しむ!きらめく函館の極上夜景


16
大人気の夜景と朝食バイキング!ラビスタ函館ベイでホテルステイを満喫


17
帯広駅周辺であの北海道グルメをめぐる!六花亭に十勝チーズ、お買い得品や試食も


18
北海道の人気温泉地ランキングTOP15


19
札幌で早朝から新鮮グルメが食べられる!二条市場へ行こう


20
ノスタルジックな世界へ!小樽のレトロなデート旅おすすめコース

21
白い恋人パークで遊びつくす!子どもも喜ぶ工場見学&手作り体験


22
現地スタッフ厳選!札幌のおすすめ観光スポットBEST26


23
函館朝市はこうめぐる!食べ歩きに釣り体験、子連れで楽しもう


24
現地スタッフ厳選!小樽のおすすめ観光スポットBEST24


25
札幌旅行をロマンティックに!日本新三大夜景・藻岩山の極上ディナー


26
家族で楽しめる!人気絶景スポット・札幌の藻岩山に行ってみよう


27初心者でも満喫!札幌YOSAKOIソーラン祭りの歩き方

28
北海道の夏に行きたい!アクティビティ、動物園、絶景&ドライブコース


29
SLに水族館も!新千歳から30分圏内の北海道おすすめ道の駅


30
美瑛・富良野ゴールデンドライブルート!人気観光地をめぐる


31
【2020】新千歳空港のおいしいお土産17選!道民が本気でおすすめ


32
現地スタッフ厳選!美瑛のおすすめ観光スポットBEST20


33
富良野観光の魅力24選!ラベンダー畑やレジャー・グルメ情報も!


34
北海道「青の絶景」を体感しよう!夏休み旅行にもおすすめ


35
【北海道】芝桜の名所11選! 見頃やイベント情報をご紹介


36
帯広・十勝 おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST22~


37
北海道・旭川のおすすめ絶品グルメ!現地ライター推薦10選


38
旭山動物園を攻略!効率よく回るおすすめ見学ルート


39
一度は行くべき!北海道のおすすめ絶景スポット27選


40
北海道・旭川の穴場観光スポットめぐり!友人のようなガイドがご案内


41
初めての旭川女子旅は「星野リゾート OMO7 旭川」で盛り上げよう


42
旭川おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST20~


43
おしゃれでキレイ!札幌の人気ゲストハウスTOP10


44
札幌の人気ビジネスホテルランキングTOP10


45
北海道「道の駅」1泊2日でめぐるグルメ旅 函館~ニセコ・室蘭ルート


46
北海道「道の駅」1泊2日でめぐるグルメ旅 新千歳~知床ルート


47
ウニ!カニ!イクラ!北海道の味覚が食べ放題!本格派ディナーバイキングの宿10選


48
飯島寛騎さんインタビュー “ぼくの夏旅と故郷・北海道の魅力”


49
北海道の観光名所67選!旅行におすすめ人気スポット


50
札幌の人気カプセルホテルランキングTOP5


51
"柴犬まる"の北海道の旅~星野リゾートで雲海チャレンジ!


52
函館おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST24~


53
北海道のおすすめ!日帰り温泉宿人気ランキングTOP10


54
北海道に旅した人が選ぶご当地グルメ・旅めしランキング





小玉貞良によるアイヌ絵『ウイマム図』

ウイマムは、アイヌが近隣の首長との間で行った交易形態。後に松前藩がアイヌの乙名を藩主に拝謁させる儀式へと転化させた。
概要

ウイマムの語源としては、日本語の「ういまみえ(初見)」「おめみえ(御目見得)」の転訛説とアイヌ語の「交易」を意味する語とする説がある。

交易形態としてのウイマム

本来は時を定めてアイヌの乙名が毛皮海産物・工芸品などの特産物を積んだ特別な船(ウイマムチップ)で松前を訪問し、領主に拝謁してこれらを献上して、松前藩側からや衣服を得て帰郷する形態であった。これは後に、知行主が知行地に交易船を派遣する商場(場所)知行制に変わっていった。

拝謁の儀式としてのウイマム

元和元年(1615年)、アイヌの乙名が松前藩主・松前公広に拝謁して海獺の毛皮を献上したのを機にアイヌによる松前藩へのウイマムが開始されたが、後に松前藩(公儀御料時代は松前奉行)が蝦夷地統治の手段として用いられるようになると、アイヌが藩主に謁見する「謁見礼」「目見得礼」へと転化していった。松前奉行支配の文化13年(1816年)は蝦夷地の場所を5つに分けて、漁閑期にあたる7月から9月に交替でウイマムを行わせた。また、幕府の巡検使に対するウイマムも行われた。

アイヌからの献上品は毛皮や海産物・工芸品など、松前藩・松前奉行からの下賜品は拝謁者の身分によって異なるものの、陣羽織漆器煙草・酒などであった。

地方知行(じがたちぎょう)とは、江戸時代将軍あるいは大名が家臣に対してとして与える知行を、所領(地方(じかた))と呼ばれる土地)およびそこに付随する百姓の形で与え、支配させること。将軍が大名に土地を与える場合には特に大名知行(だいみょうちぎょう)と呼ばれている。

ここにおける地方知行の解説に大名知行は含めないが、必要に応じて大名知行の例についても言及するものとする。

概要

一般的に地方知行をするのは上中級の幕府旗本および御家人、諸大名の上級家臣である。

知行のために給付された土地を知行地(ちぎょうち)もしくは給所(きゅうしょ)と呼んだ。大名知行地は領分(りょうぶん)と呼び、将軍の家臣である大名は領主(りょうしゅ)と呼ばれていた。それに対し、旗本知行地は知行所(ちぎょうしょ)と呼んだ。さらに幕府の御家人の場合は、格上である旗本の知行地である給所と区別する意味で給地(きゅうち)と呼称させた。これらは、石高単位で与えられたので、実際の行政単位と合致しないことも多く、さらには、1集落を複数の地頭で分割する相給が行われることも珍しくなかった。

彼らは地頭と呼ばれたが、中世の地頭とは異なり、職務上の必要による例外を除いては、城下町(幕府直属の旗本・御家人の場合は江戸)に在住する義務を負っていた(例外として、仙台藩では各家臣が仙台城下町と知行地との間を参勤交代していた)。

また、旗本や大藩の上級家臣の中には独自の法制(地頭法)を持つ者もいたが、徴税権司法権、その他の行政権などの所領に対する支配権(知行権)の行使は主君である将軍・大名によって規制されるのが一般的であり、時代が進むにつれてその傾向が強くなった(もっとも、所属する主家の方針や地頭である家臣の方針によってその強弱に格差があった)。

これに対し、所領ではなく蔵米の形で与える知行を蔵米知行と呼ぶ(なお、大名知行の場合、一部が蔵米知行である場合は存在したが、知行全てが蔵米支給であった大名は存在しなかった)。

明治維新後の版籍奉還によって、大名知行を含めた全ての地方知行は蔵米知行に一元化されることとなった。

地方召上と地方直

将軍や大名が家臣の知行を地方知行から蔵米知行に改めることを「地方召上(じかためしあげ)」と呼び、逆に蔵米知行から地方知行に改めることを「地方直(じかたなおし)」と呼んだ。伝統的に武士階層は土地(地方)をもって所領を与えられることを望んだことから、地方召上に懲罰的要素を含む場合や反対に地方直に恩賞的要素を含む場合もあった。

江戸時代初期には諸藩においては地方知行を行う例が多く蔵米知行は下級家臣に限られていたが、次第に大名の支配権力と財政基盤の強化のために上級家臣に対しても地方召上を行って蔵米知行に変更されることが多くなった。元禄時代に書かれたと考えられている諸藩諸侯の解説書『土芥寇讎記』によれば、当時243あった藩のうち地方知行が行われていたのは外様大名系の大藩を中心とした39藩に過ぎなかったという。ただし、前述のように地方召上には懲罰的な意味合いを持つ場合もあったために、移行の際の不手際がお家騒動に発展する可能性もあった。

これに対して比較的余裕があった幕府では、地方直を行って旗本の知行を蔵米知行から地方知行に改めることでこれまでの働きに対する恩賞とし、旗本たちの歓心を買うとともに将軍への忠誠を高めようとした。

徳川家康関東移封後に伴う天正19年(1591年)の所領の再配分と関ヶ原の戦い大坂の陣の両戦後に行った親藩譜代大名および旗本に対する広範囲の加増・転封も地方直としての側面を持つが、幕府が地方直を目的として大規模に行ったものとしては、寛永10年(1633年)と元禄10年(1697年)に行った元禄地方直の2例がある。

地方知行の性格

地方知行の性格については歴史学者の間でも意見が分かれるが、大きく分けると、土地で知行を与える行為を中世のものとみなし、地方知行を中世の制度の名残として次第にそこから脱却して近世的な蔵米知行に移行していった考える説と、大名知行がその知行の全部あるいは一部分を必ず土地をもって与えていることから地方知行を近世幕藩体制の根幹とみなして蔵米知行はそれを補うものに過ぎないとする説の2つがある。


 
博物館などアイヌ民族関連施
 (このサイト)
 
民族 集団 
言語 アイヌ語 
歴史 前史 
歴史 交易  
歴史 戦闘 
歴史 政事  
文化・芸術 
文化・生活 
文化・祭事  
その他・動画

旧石器時代 – 紀元前14000年頃
縄文時代 前14000年頃 – 前10世紀
弥生時代 前10世紀 – 後3世紀中頃
古墳時代 3世紀中頃 – 7世紀頃
飛鳥時代 0592年 – 0710年
奈良時代 0710年 – 0794年
平安時代 0794年 – 1185年
 王朝国家 10世紀初頭 – 12世紀後期
 平氏政権 1167年 – 1185年
鎌倉時代 1185年 – 1333年
建武の新政 1333年 – 1336年
室町時代 1336年 – 1573年
 南北朝時代 1337年 – 1392年
 戦国時代 1467年(1493年)– 1590年
安土桃山時代 1573年 – 1603年
江戸時代 1603年 – 1868年
 鎖国 1639年 – 1854年
 幕末 1853年 – 1868年
明治時代 1868年 – 1912年
大正時代 1912年 – 1926年
昭和時代 1926年 – 1989年
 GHQ/SCAP占領下 1945年 – 1952年
平成時代 1989年 – 2019年
令和時代 2019年 –

NS-PC概要
 
〒006-0815
 北海道札幌市手稲区前田5-12-4-11

 業務内容 紹介によるネット販売、
 運営責任者 島岡幸雄
 連絡連絡先 ganta@bmail.plala.or..jp