アクセスカウンター NSPC Tweet 

今日の日記  エムシ イコロ(宝物)、またはエムシ(刀・帯刀・太刀)と呼ばれる 歴史の背景など
GoTo北海道 
行ったつもりの名所探訪
(画像・テキストから詳細ページ表示されます)


1函館・湯の川温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10


2クチコミ高評価!北海道の人気高級温泉旅館ランキング


3北海道のスキー&スノーボード旅行!人気宿ランキング


4専門家厳選!展望風呂・露天風呂付き客室がある北海道の温泉宿5選


5北海道のおすすめ紅葉名所15選!2020年見頃や穴場、ライトアップ情報も


6現地スタッフ厳選!登別のおすすめ観光スポットBEST15


7地元民から人気!北海道の温泉宿ランキング


8北海道の絶景宿15選。豊かな大自然を感じる非日常ステイ

9
夏の北海道ツアー旅行 人気ホテルランキング TOP10

10
現地スタッフ厳選!釧路市のおすすめ観光スポットBEST11

11
【2020年】登別温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10

12
北海道の世界遺産!知床の人気観光スポット14選

13
【2020】クチコミ高評価!北海道のリゾートホテル人気ランキング


14
【2020年最新】定山渓温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10


15
函館山ロープウェイで楽しむ!きらめく函館の極上夜景


16
大人気の夜景と朝食バイキング!ラビスタ函館ベイでホテルステイを満喫


17
帯広駅周辺であの北海道グルメをめぐる!六花亭に十勝チーズ、お買い得品や試食も


18
北海道の人気温泉地ランキングTOP15


19
札幌で早朝から新鮮グルメが食べられる!二条市場へ行こう


20
ノスタルジックな世界へ!小樽のレトロなデート旅おすすめコース

21
白い恋人パークで遊びつくす!子どもも喜ぶ工場見学&手作り体験


22
現地スタッフ厳選!札幌のおすすめ観光スポットBEST26


23
函館朝市はこうめぐる!食べ歩きに釣り体験、子連れで楽しもう


24
現地スタッフ厳選!小樽のおすすめ観光スポットBEST24


25
札幌旅行をロマンティックに!日本新三大夜景・藻岩山の極上ディナー


26
家族で楽しめる!人気絶景スポット・札幌の藻岩山に行ってみよう


27初心者でも満喫!札幌YOSAKOIソーラン祭りの歩き方

28
北海道の夏に行きたい!アクティビティ、動物園、絶景&ドライブコース


29
SLに水族館も!新千歳から30分圏内の北海道おすすめ道の駅


30
美瑛・富良野ゴールデンドライブルート!人気観光地をめぐる


31
【2020】新千歳空港のおいしいお土産17選!道民が本気でおすすめ


32
現地スタッフ厳選!美瑛のおすすめ観光スポットBEST20


33
富良野観光の魅力24選!ラベンダー畑やレジャー・グルメ情報も!


34
北海道「青の絶景」を体感しよう!夏休み旅行にもおすすめ


35
【北海道】芝桜の名所11選! 見頃やイベント情報をご紹介


36
帯広・十勝 おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST22~


37
北海道・旭川のおすすめ絶品グルメ!現地ライター推薦10選


38
旭山動物園を攻略!効率よく回るおすすめ見学ルート


39
一度は行くべき!北海道のおすすめ絶景スポット27選


40
北海道・旭川の穴場観光スポットめぐり!友人のようなガイドがご案内


41
初めての旭川女子旅は「星野リゾート OMO7 旭川」で盛り上げよう


42
旭川おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST20~


43
おしゃれでキレイ!札幌の人気ゲストハウスTOP10


44
札幌の人気ビジネスホテルランキングTOP10


45
北海道「道の駅」1泊2日でめぐるグルメ旅 函館~ニセコ・室蘭ルート


46
北海道「道の駅」1泊2日でめぐるグルメ旅 新千歳~知床ルート


47
ウニ!カニ!イクラ!北海道の味覚が食べ放題!本格派ディナーバイキングの宿10選


48
飯島寛騎さんインタビュー “ぼくの夏旅と故郷・北海道の魅力”


49
北海道の観光名所67選!旅行におすすめ人気スポット


50
札幌の人気カプセルホテルランキングTOP5


51
"柴犬まる"の北海道の旅~星野リゾートで雲海チャレンジ!


52
函館おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST24~


53
北海道のおすすめ!日帰り温泉宿人気ランキングTOP10


54
北海道に旅した人が選ぶご当地グルメ・旅めしランキング




1904年に撮影されたアイヌ。左端の男性が刀をエムシ・アッで提げている。
1937年に撮影されたアイヌ、柄に装飾が施された刀をエムシ・アッで提げている。
フィレンツェ大学自然史博物館の展示

アイヌ刀(アイヌとう)とは、北海道アイヌに伝承された儀礼用の刀剣。蝦夷刀とも称される。

概要[編集]

イオマンテの様子。祭壇の奥に刀が置かれている。

アイヌ語では、イコロ(宝物)、またはエムシ(刀・帯刀・太刀)と呼ばれる。資料によっては刀の鞘をエムシとするものもあるが、いずれも男性が儀礼の際に帯びる。通常はアットゥシと同じくオヒョウダモなどの樹皮の繊維で織られた刀帯「エムシ・アッ」で肩から下げ、左腰の位置に提げる[1]

アイヌは高度な製鉄技術を持たなかったため、刀身は和人が作製したものを交易で入手していた。そのため、イコロ、エムシを問わず、刀身は日本刀太刀の形式を取るが、儀礼刀であることや儀式によっては刃を自分に向けて持つこともある[2]ため、刃引きされていたり、最初から刃を付けない場合もある[1]。また踊りの際に音が鳴るようにあえてを緩めている[3]

イコロは道外の和人によって作られたものが完成品としてアイヌ社会にもたらされたものである。イコロとされる伝世品はほとんどが刀身を欠いている。刀身のある場合も鈍らな鉄刀の例がある。錆びた刀は霊力が強く斬られた魔物は戻ってこれないという伝承があるため、あえて刀身を手入れせずに錆びさせていることもある[1][3]

これには和人とアイヌ双方の関係も影響しており、1457年コシャマインの戦い以後、武器となる日本刀のアイヌへの受け渡しが激減し、1669年シャクシャインの戦い直後に行われたと考えられる刀狩りで、マキリなど生活用品としての刃物以外は入手されなくなったと推測されている。

16世紀からは実用外で装飾用の儀礼刀としての必要性が高まり、平安末期から室町時代頃に多く製作された「蛭巻太刀」のような装飾性の高い拵えの太刀を移入していた。後には「蝦夷拵(えぞごしらえ)」と称される山銅や白銀、後には真鍮などの金具で飾られた太刀や腰刀の拵えがアイヌ向けに製作されるようになり、こちらを移入するようになった。これらもアイヌの需要に合わせて装飾性が高まっていった。蛭巻太刀でも江戸期の武士の刀装と比べれば過剰な装飾で高価なため和人側の需要は無かったが、その異風な趣や蝦夷地で年月を経た金具の寂びた風情が、江戸の数寄者の目を惹き、アイヌが儀礼で使用していたものを工芸品として和人社会へ逆移入することもあった。拵えは概ね16世紀までは京都17世紀以降は江戸を中心とした金工職人が作成していた。

エムシは、拵(装具)をアイヌが作り、和人から入手した刀身や鍔と組み合わせて完成させたものである。宝刀はチセの奥にあるイヨイキリ(宝物棚)でエムシ・アッで飾り下げられ、あるいは美しい木箱にしまわれ、神事のさいに用いられた[4]

刃を下にして左腰に提げるため、装飾を佩表にのみ施した拵もある[5]

18世紀ごろまで製作されており、明治以降に寄贈されあるいは発掘されたとする文献があるが、伝世のもので現存が確認できるものは少ない。北海道大学植物園に2点、えりも町郷土資料館に2点所蔵されている。東北歴史博物館にはアイヌが入手し、後にアイヌ工芸の研究者が収集した蛭巻太刀が所蔵されている。

アイヌの主力武器は短弓トリカブトを使った毒矢であり、接近戦では戦闘用のストゥを使うため刀剣は儀礼にしか使われないが、ユーカラにはクトネシリカなどの霊力を宿した刀による戦いが語られる[5]

英雄叙事詩[編集]

ユーカラ(アイヌの英雄叙事詩。ハウキ、サコロペとも呼ばれる)には、英雄たちの超人的な戦いが数多く描かれており、英雄の刀はカムイランケタム(「神授の刀」)として登場する。「虎杖丸(Kutune Shirka)」のような宝刀の名が知られている[6]

剣の舞[編集]

再現された民族衣装。刀をエムシ・アッで提げている(アイヌ民族博物館)。

アイヌの舞踊には、刀を持って舞う「剣の舞」が伝承されている。アイヌ語ではエムシウポポ、あるいはエムシリムセと呼ばれ、男がエムシを肩から提(さ)げ、魔物を打ち払うために刀の鍔(つば)の部分を鳴らしながら踊る。2人組みの男が勇ましく踊る踊りが観光用に再現されているが、本来は男性が一人で踊るものだとされる。男性の踊りに女性が唄をあわせ歌う[7][8]鵡川町から平取地方では「地下に住む巨大なアメマスが暴れることで、地震が発生する」との伝承にちなみ、地震の折には刀を持ち「イッケアトウエ、エイタカシュ、アエオマ(おとなしくしないと腰を突き刺すぞ)」と叫んで舞い、地下のアメマスを鎮める儀式の記録が 保存されている[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 刀掛帯 エムシアッ - 白老町
  2. ^ 「パヨカカムイ」、近づかないで アイヌ民族が祈りの儀式 - 共同通信
  3. ^ a b ピカピカなものより錆びた刀!? 独特の価値観を反映したアイヌの刀の舞 - ウォーカープラス
  4. ^ 「アイヌ民族博物館だより」No.53.2006.12.1[1] - PDF-P.3以降に記述あり
  5. ^ a b アイヌ民族博物館
  6. ^ 「アイヌ民族博物館だより」No.53.2006.12.1[2]PDF-P.3以降に記述あり
  7. ^ 「上川アイヌの研究40年の軌跡」本間愛之(財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構)[][3]PDF-P.4
  8. ^ 「アイヌ民族博物館だより」No.53.2006.12.1[4]PDF-P.3以降に記述あり
  9. ^ 「北海道における地震に関するアイヌの口碑伝説と歴史記録」新里・重野・高清水(歴史地震第21号2006年)[5]PDF-P.10

文献情報[編集]

  • 「北海道大学植物園所蔵アイヌ民族資料について」加藤克(北大植物園研究紀要2008-09)[6]
  • 「潮風とともに えりも昔語り記録集 」えりも町郷土資料館[7][8]PDF-P.7に画像あり

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

 
博物館などアイヌ民族関連施
 (このサイト) 
民族 集団 
言語 アイヌ語 
歴史 前史 
歴史 交易  
歴史 戦闘 
歴史 政事  
文化・芸術 
文化・生活 
文化・祭事  
その他・動画
旧石器時代 – 紀元前14000年頃
縄文時代 前14000年頃 – 前10世紀
弥生時代 前10世紀 – 後3世紀中頃
古墳時代 3世紀中頃 – 7世紀頃
飛鳥時代 0592年 – 0710年
奈良時代 0710年 – 0794年
平安時代 0794年 – 1185年
 王朝国家 10世紀初頭 – 12世紀後期
 平氏政権 1167年 – 1185年
鎌倉時代 1185年 – 1333年
建武の新政 1333年 – 1336年
室町時代 1336年 – 1573年
 南北朝時代 1337年 – 1392年
 戦国時代 1467年(1493年)– 1590年
安土桃山時代 1573年 – 1603年
江戸時代 1603年 – 1868年
 鎖国 1639年 – 1854年
 幕末 1853年 – 1868年
明治時代 1868年 – 1912年
大正時代 1912年 – 1926年
昭和時代 1926年 – 1989年
 GHQ/SCAP占領下 1945年 – 1952年
平成時代 1989年 – 2019年
令和時代 2019年 –

NS-PC概要
 
〒006-0815
 北海道札幌市手稲区前田5-12-4-11

 業務内容 紹介によるネット販売、
 運営責任者 島岡幸雄
 連絡連絡先 ganta@bmail.plala.or..jp