アクセスカウンター NSPC Tweet 

今日の日記 アットゥシオヒョウシナノキが使われることもある)などの木の内皮の繊維を織ったアイヌ織物 歴史の背景など
GoTo北海道 
行ったつもりの名所探訪
(画像・テキストから詳細ページ表示されます)


1函館・湯の川温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10


2クチコミ高評価!北海道の人気高級温泉旅館ランキング


3北海道のスキー&スノーボード旅行!人気宿ランキング


4専門家厳選!展望風呂・露天風呂付き客室がある北海道の温泉宿5選


5北海道のおすすめ紅葉名所15選!2020年見頃や穴場、ライトアップ情報も


6現地スタッフ厳選!登別のおすすめ観光スポットBEST15


7地元民から人気!北海道の温泉宿ランキング


8北海道の絶景宿15選。豊かな大自然を感じる非日常ステイ

9
夏の北海道ツアー旅行 人気ホテルランキング TOP10

10
現地スタッフ厳選!釧路市のおすすめ観光スポットBEST11

11
【2020年】登別温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10

12
北海道の世界遺産!知床の人気観光スポット14選

13
【2020】クチコミ高評価!北海道のリゾートホテル人気ランキング


14
【2020年最新】定山渓温泉のおすすめ!人気宿ランキングTOP10


15
函館山ロープウェイで楽しむ!きらめく函館の極上夜景


16
大人気の夜景と朝食バイキング!ラビスタ函館ベイでホテルステイを満喫


17
帯広駅周辺であの北海道グルメをめぐる!六花亭に十勝チーズ、お買い得品や試食も


18
北海道の人気温泉地ランキングTOP15


19
札幌で早朝から新鮮グルメが食べられる!二条市場へ行こう


20
ノスタルジックな世界へ!小樽のレトロなデート旅おすすめコース

21
白い恋人パークで遊びつくす!子どもも喜ぶ工場見学&手作り体験


22
現地スタッフ厳選!札幌のおすすめ観光スポットBEST26


23
函館朝市はこうめぐる!食べ歩きに釣り体験、子連れで楽しもう


24
現地スタッフ厳選!小樽のおすすめ観光スポットBEST24


25
札幌旅行をロマンティックに!日本新三大夜景・藻岩山の極上ディナー


26
家族で楽しめる!人気絶景スポット・札幌の藻岩山に行ってみよう


27初心者でも満喫!札幌YOSAKOIソーラン祭りの歩き方

28
北海道の夏に行きたい!アクティビティ、動物園、絶景&ドライブコース


29
SLに水族館も!新千歳から30分圏内の北海道おすすめ道の駅


30
美瑛・富良野ゴールデンドライブルート!人気観光地をめぐる


31
【2020】新千歳空港のおいしいお土産17選!道民が本気でおすすめ


32
現地スタッフ厳選!美瑛のおすすめ観光スポットBEST20


33
富良野観光の魅力24選!ラベンダー畑やレジャー・グルメ情報も!


34
北海道「青の絶景」を体感しよう!夏休み旅行にもおすすめ


35
【北海道】芝桜の名所11選! 見頃やイベント情報をご紹介


36
帯広・十勝 おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST22~


37
北海道・旭川のおすすめ絶品グルメ!現地ライター推薦10選


38
旭山動物園を攻略!効率よく回るおすすめ見学ルート


39
一度は行くべき!北海道のおすすめ絶景スポット27選


40
北海道・旭川の穴場観光スポットめぐり!友人のようなガイドがご案内


41
初めての旭川女子旅は「星野リゾート OMO7 旭川」で盛り上げよう


42
旭川おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST20~


43
おしゃれでキレイ!札幌の人気ゲストハウスTOP10


44
札幌の人気ビジネスホテルランキングTOP10


45
北海道「道の駅」1泊2日でめぐるグルメ旅 函館~ニセコ・室蘭ルート


46
北海道「道の駅」1泊2日でめぐるグルメ旅 新千歳~知床ルート


47
ウニ!カニ!イクラ!北海道の味覚が食べ放題!本格派ディナーバイキングの宿10選


48
飯島寛騎さんインタビュー “ぼくの夏旅と故郷・北海道の魅力”


49
北海道の観光名所67選!旅行におすすめ人気スポット


50
札幌の人気カプセルホテルランキングTOP5


51
"柴犬まる"の北海道の旅~星野リゾートで雲海チャレンジ!


52
函館おすすめ観光スポット~現地スタッフ厳選 BEST24~


53
北海道のおすすめ!日帰り温泉宿人気ランキングTOP10


54
北海道に旅した人が選ぶご当地グルメ・旅めしランキング




アットゥㇱ
イオマンテの様子。祭壇の前に座る男性たちが着ている、背中に黒いアップリケを施した衣装がアットゥㇱ。長老は交易で得た小袖陣羽織を着ている(『蝦夷島奇観』模写、平沢屏山筆、大英博物館蔵)
広袖に仕立てられた、和人向けのアットゥㇱ(メトロポリタン美術館所蔵)
木綿を多用した「カパㇻミㇷ゚」(薄い着物)と呼ばれる衣装。北海道日高地方に特徴的なものである。(大阪府吹田市国立民族学博物館蔵)

アットゥシ(attus)は、オヒョウシナノキが使われることもある)などの木の内皮の繊維を織ったアイヌ織物衣服として作られることが多い。アツシアトゥシアットゥシ織アッシ織厚司織とも表記される。また、経済産業省のプレスリリースでは小書きシを使い、「アットゥ 」と表記されている[1]

概要

アイヌ民族民族服であるアットゥㇱは、靱皮衣の一種で、アイヌ語でオヒョウニレ(att)の木の皮(rusi)という意味である[2]。イラクサなどの繊維を用いて布や草皮衣(テタㇻペ=白いもの)を作る樺太アイヌや、同じく草皮衣や魚皮衣(サケなどの魚皮をなめしたもの)を着ていた千島アイヌに対し、樹皮衣であるアットゥㇱは主に北海道アイヌの間で作られた。

普段着として着るものには文様をつけないことが多いが、晴れ着の場合には襟や袖などの部分に和人が持ち込んだ木綿の布を縫い付け、さらにそこへ刺繍アップリケを施す。

アットゥㇱは17世紀ころから記録に現れているが、主に蝦夷地が生産の中心だった。千島列島では導入は遅れ、主に獣皮の衣装や江戸幕府が供給した木綿の古着が着られていた。アットゥㇱは自給自足の生活の中で着られたほか、後には輸出用の産品ともなった。18世紀後半には鰊粕身欠きニシン木材などとともに本州へ大量に運ばれ、耐久性に優れ織目も細かい布として、東北地方北陸地方など日本各地で反物や衣装として消費されていた。女性たちが機を使って布を織る風景は、蝦夷地に渡った画家たちによるアイヌ絵に多く描かれている。また19世紀には、アイヌが和人との儀礼の場に出る際の衣装はアットゥㇱまたは中国・日本産の絹や木綿の服のみと規制され、獣皮衣よりも手間暇のかかるアットゥㇱが広がることとなった。

現在でもアットゥㇱは北海道各地で工芸品として制作されている。2013年日高振興局管内沙流郡平取町二風谷で織られる二風谷アットゥㇱが北海道の工芸品としては初めて経済産業大臣指定伝統的工芸品に追加された[3]

作り方

  1. アットゥㇱの原材料はオヒョウやハルニレなどニレ科の樹木、シナノキなどシナノキ科の樹木の皮である。これらの木々の表皮の一枚内側にある靱皮(じんぴ)をはぎとる。
  2. 樹皮を柔らかくするため一週間程度沼の水や温泉に漬ける。あるいは、灰汁などを加えて釜で数時間煮る。
  3. 柔らかくなった皮を細かく裂いて繊維を取り出し、より合わせて糸を作る。
  4. これを腰機(こしばた)と呼ばれる織り機で織って布にする[4]

アイヌ語のアットゥㇱはこの布を指すほか、一般には樹皮の布で仕立てた衣装を指す。アイヌ語で着物そのものを指す語は「アミㇷ゚」である。アットゥㇱの原材料には耐久性に優れたオヒョウが好まれたが、この木は深い山の森に生えていたため、雪で歩きやすい冬に何日もかけて採取された。

アイヌ民族服の形状

男女ともに前を打ち合わせる筒袖長衣(男性:膝下から脛丈、女性:脛から踝丈)で、アットゥㇱクッ(アットゥシ製の細帯)で衣服の乱れを抑える形式など、屋外作業用和服との類似点を持つ。しかし、17 - 18世紀頃のアイヌ関連文書では男性もアットゥㇱクッではなく女性用アミㇷ゚に見られる共布の直付け紐で打ち合わせを固定し、年齢・性別に限らず左前に着用(現在は和服の作法に倣った右前が原則)した絵姿が数多く記録されている。

和服と違って衽を持たない構造のために裾がはだけやすく、女性は股を晒さないようにモウㇽ襦袢)とマンタリ前垂れ)を常着した一方、男性はテパふんどし)のみを着けた地肌のまま袖を通し、必要に応じてユㇰウㇽ(毛皮製の上衣)、テクンペ手甲)、ホㇱ脚絆)などを追加した。

樹皮を加工して抽出した繊維を撚り合わせて作られる樹皮布に分類される都合上、綿布や絹布に比べて織り目はやや粗くなる反面、頑丈な割に水に浮くほど軽量で耐水性に優れる上に粗い織り目が通気性の向上に繋がり、日本の漁師や商用船(特に北前船)従事者の間で珍重された。その証拠として、実際に使われていた和服仕立ての袂付き広袖式アットゥㇱアミㇷ゚が数点現存している[5]

衣装には友禅紅型のような華美な彩色は無いが、晴れ着には「アイヌ文様」として知られる模様がアップリケされていることが多い。この文様は魔よけとして描線の始点と終点が必ず角ばった形状をしている。

イラクサの繊維から作られる草皮衣はテタㇻペなどと呼ばれ、アットゥㇱよりきめ細かく光沢があったが、10日で一反は作れるアットゥㇱ以上の日数を要したという。

また、その上から毛皮やアザラシの皮、変わったところではイトウの皮などで作った羽織状の上着を着ることもある。


 
博物館などアイヌ民族関連施
 (このサイト) 
民族 集団 
言語 アイヌ語 
歴史 前史 
歴史 交易  
歴史 戦闘 
歴史 政事  
文化・芸術 
文化・生活 
文化・祭事  
その他・動画
旧石器時代 – 紀元前14000年頃
縄文時代 前14000年頃 – 前10世紀
弥生時代 前10世紀 – 後3世紀中頃
古墳時代 3世紀中頃 – 7世紀頃
飛鳥時代 0592年 – 0710年
奈良時代 0710年 – 0794年
平安時代 0794年 – 1185年
 王朝国家 10世紀初頭 – 12世紀後期
 平氏政権 1167年 – 1185年
鎌倉時代 1185年 – 1333年
建武の新政 1333年 – 1336年
室町時代 1336年 – 1573年
 南北朝時代 1337年 – 1392年
 戦国時代 1467年(1493年)– 1590年
安土桃山時代 1573年 – 1603年
江戸時代 1603年 – 1868年
 鎖国 1639年 – 1854年
 幕末 1853年 – 1868年
明治時代 1868年 – 1912年
大正時代 1912年 – 1926年
昭和時代 1926年 – 1989年
 GHQ/SCAP占領下 1945年 – 1952年
平成時代 1989年 – 2019年
令和時代 2019年 –

NS-PC概要
 
〒006-0815
 北海道札幌市手稲区前田5-12-4-11

 業務内容 紹介によるネット販売、
 運営責任者 島岡幸雄
 連絡連絡先 ganta@bmail.plala.or..jp